アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
シナイからのツーリスト
ブログ紹介
 主に、旅行やらなんやら少しでもタメになればという事を書いてみる場に。なんとなく、鉄道と神社、自衛隊機・艦に関したものが多い。更新は最低月1回はしておきたいと思っています……。または、過去に行った旅行について書いていた日記に推敲と添削でもしながらアーカイブとしてつらつらと公開することも。
 万が一、ブログ内の画像等を転載する場合はコメ欄で結構ですので一言お願いします。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
比唐ュるみと白山比盗_社の御朱印
比唐ュるみと白山比盗_社の御朱印  小松駅から空港までをブラブラしながら駅から商店街を抜けると、老舗銘菓「松葉屋」があります。「小松 銘菓」で検索すると上位にあがってくるのが、この「松葉屋」の栗むし羊羹「月よみ山路」。同じく、白山比盗_社に奉納品にしている「月よみ山路 比唐ュるみ」があるそうなので、立ち寄って買ってみました。  奉納先の「白山比盗_社」は白山市の中央部にある加賀国一ノ宮で、小松から若干遠い位置にあります。地図上、直線で結べばそこまで遠くありませんが。また、車以外のアクセスは、残念ながら平成21年に最寄り駅だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/14 17:44
莵橋神社 御朱印
莵橋神社 御朱印  神社のテーマで記事を上げるのは、何時以来だと思ったら前回が去年の4月。嵐電の御朱印帳とその切符で神社巡りをした時以来だったのは少し驚き。出先などの神社に参拝する事は多々ありますが、blogに上げるほどでも……な感じが続いていたようです。  そんなわけで、久々に御朱印帳も携えて小松でブラブラしているので空港と駅の間で行ける神社へ。小松といえば、ゆるキャラにもなっている、歌舞伎の演目「勧進帳」の舞台である安宅の関に安宅住吉神社が鎮座していますが、駅や空港から外れているのとバスの時刻と今回の目... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/07 20:59
小松空港でクラシックデザインのJTA
小松空港でクラシックデザインのJTA  ビジネスサンダーバードで朝早く小松に来た理由の大きな理由は1つだけで、F-15戦闘機、特に飛行教導のF-15がみたいだけです。小松空港の南側が小松基地の立地になっているのはご存知の通りで、小松空港の展望デッキで離陸、着陸、タッチアンドゴー、こまつ共生の丘でも同じくとF-100のそのエンジン音を楽しんだわけです。そんなコブラ、ドラゴン、イヌワシのイーグルだけでなく、民間との共用ですので民間機も飛びます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/01 21:34
せっかくなら、「懐かしの雷鳥」と共に 土居原ボンネット広場
せっかくなら、「懐かしの雷鳥」と共に 土居原ボンネット広場  さてさて、せっかく朝一番とも言える大阪からの特急で小松駅までやってきなのだからすぐさま「小松空港」や「こまつ共生の丘」に立ち寄らずにまずは小松駅西口から、高架のづたいに北へ向かって、数分。ちなみに反対側は、コマツ製最大のダンプが置いてあります。  「土居原ボンネット広場」に到着です。ほんの数年前までは、現役で活躍していたボンネット型の特急車両が1両静態保存されています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/29 19:35
火曜日のビジネスサンダーバード乗車記
火曜日のビジネスサンダーバード乗車記  海の日の三連休を明けた火曜日、時間は始発は発車しだした明朝。新大阪駅には、新幹線の改札も出社なのか出張なのか、3連休明けのUターンなのか改札口が開かないまま、気怠げなサラリーマンの姿がとぼとぼ。学生は間もなく夏休み、三連休あとのこの一週間が我慢のしどころというところだろう。さすがにこの時間、通学には早いらしく学生服姿はあまり見られない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/07/20 21:14
16600系プチ乗車記 飛鳥駅まで
16600系プチ乗車記 飛鳥駅まで  午前6時半、あべのハルカスの直下にある大阪阿部野橋はまだ通勤ラッシュには早く閑散としながらも、日の出こそ過ぎているのでそのコントラストの高い清々しさを見せながら夜半の気怠げさとが合わさった繁華街特有の空気を出している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/06 20:36
TOMIX 国鉄キハ66・67形 朱色4号セット(限定品) 購入
TOMIX 国鉄キハ66・67形 朱色4号セット(限定品) 購入  先日、TOMIXから発売された「国鉄」のキハ66・67が手もとにやってきました。本州を離れ、九州のそれも気動車の模型を当方が手にする始めての車両です。実車の方は乗った事はおろか、現物を生で見た事もありません。雑誌などで何度か見ている内に、本州とは違う屋根上端のメカメカしいラジエーター・ファン部分に妙に惹かれて、どうせなら限定をと購入したまでの事です。特段な思い入れも全くありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/04 21:20

続きを見る

トップへ

月別リンク

シナイからのツーリスト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる